温泉権論

渡辺洋三 著 ; 北條浩, 村田彰 編

温泉権は成定法をみないため学説・調査・判例によらなければならない。これらを克服して川島武宜温泉権を発展させた。温泉関係者・法律家・実務家必携の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 総論(温泉権の成立
  • 温泉権と源泉地盤
  • 温泉権の主体とその利用-個人有温泉・組合有温泉・会社有温泉
  • 温泉権と立法
  • 温泉契約と立法
  • 温泉取引の基礎知識
  • 温泉の集中管理
  • 温泉権保障立法の提言
  • 川島武宣の温泉権論について)
  • 第2部 各論(伊東温泉(静岡県伊東市)
  • 下呂温泉(岐阜県下呂市)-温泉集中管理の特徴と法学的問題点
  • 修善寺温泉(静岡県伊豆市)-修善寺温泉の集中管理に関する法的諸問題
  • 鑑定書-静岡県伊東温泉における温泉権
  • 鑑定意見-本件訴訟における被告の温泉権についての見解)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 温泉権論
著作者等 北条 浩
村田 彰
渡辺 洋三
北條 浩
書名ヨミ オンセンケンロン
書名別名 Onsenkenron
出版元 御茶の水書房
刊行年月 2012.5
ページ数 235p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-275-00981-4
NCID BB09347471
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22124465
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想