教育研究とエビデンス = Educational Research and Evidence : 国際的動向と日本の現状と課題

国立教育政策研究所 編

[目次]

  • 第1部 英国と米国におけるエビデンス活用の系譜(英国におけるエビデンスに基づく教育政策の展開
  • ランダム化比較試験とメタアナリシスの発展
  • 米国のエビデンス仲介機関の機能と課題)
  • 第2部 OECDと欧州の取り組み(OECDプロジェクトに見るエビデンスと教育的成果
  • エビデンス活用の推進に向けた欧州の取り組み)
  • 第3部 我が国の動き(日本のエビデンスに基づく医療(EBM)の動きからのレッスン
  • エビデンス情報に基づくソーシャルワークの実践に向けて
  • 知識社会における教育研究エビデンスの課題
  • エビデンスを活用した教育政策形成)
  • 付録A 「教育研究におけるエビデンスとは」"教育改革国際シンポジウム"
  • 付録B 用語解説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育研究とエビデンス = Educational Research and Evidence : 国際的動向と日本の現状と課題
著作者等 Schuller, Tom
国立教育政策研究所
大槻 達也
岩崎 久美子
惣脇 宏
津谷 喜一郎
秋山 薊二
籾井 圭子
豊 浩子
書名ヨミ キョウイク ケンキュウ ト エビデンス : コクサイテキ ドウコウ ト ニホン ノ ゲンジョウ ト カダイ
書名別名 Educational Research and Evidence
出版元 明石書店
刊行年月 2012.5
ページ数 370p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7503-3607-7
NCID BB09220197
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22118769
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想