織田信長の尾張時代

横山住雄 著

濃姫の再婚と没年、信長の長男・信正、桶狭間出陣は尾張今川領回復のため、戦国時代は"尾張"だった伊勢長島など、知られざる新事実を発掘・紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 青年信長、尾張統一への道(織田信秀のもとで
  • 那古野城の信長と妻濃姫
  • 清須の信長と秀吉)
  • 第2部 信長、「天下布武」への始動(桶狭間の戦い
  • 小牧山城から犬山城へ
  • 岐阜城で"天下布武"を宣言)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 織田信長の尾張時代
著作者等 横山 住雄
書名ヨミ オダ ノブナガ ノ オワリ ジダイ
シリーズ名 中世武士選書 10
出版元 戎光祥
刊行年月 2012.6
ページ数 229p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86403-063-2
NCID BB09372887
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22118120
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想