からくさ

山本静也 (伊方亭主人) 著

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 第一回 誰か賢き女を見出すことを得んその価は真珠より貴し / 1
  • 第二回 これを啓きてその子のをるを見る嬰児すなはち啼く / 13
  • 第三回 世人は己の智慧を恃て神を知らず是神の智慧に適へるなり、是故に神は伝道の愚なるを以て信ずる者を救を善とせり / 23
  • 第四回 人は其父母を離れて其妻に好合い二人一体となるべし / 35
  • 第五回 日は晦く月は光を失ひ星は空よりおち天の勢ひ震ふべし、其とき人の子の兆天に現るまた地上にある諸族は哭哀み且人の子の権威と大なる栄光をもて天の雲に乗来るを見ん、又その使等を遣し箛の大なる声を出しめて天の此極より彼極まで四方より其選れし者を集むべし。上のまき / 46
  • 第五回 下のまき / 57
  • 第六回 夫われは世の末まで常に爾曹と偕に在なりアーメン / 68
  • 第七回 イスラエルの子孫に告よ男または女もし人の犯す罪を犯してエホバに悖りその身罪ある者とならば / 81
  • 第八回 願くは我儕の主イエスキリスト及我儕の父の神すなはち我儕を愛し且恩に因て永遠の安慰と善望を与る者、爾曹の心を慰め凡の善行と善言に爾曹を堅固せんことを / 89
  • 第九回 その犯せし罪を言あらはしその物の代価にその五分の一を加へてこれを己が罪を犯せる者に付してその価を為べし / 100
  • 第十回 むすびし筆は一夜のゆめ / 106

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 からくさ
著作者等 山本 静也
書名ヨミ カラクサ
書名別名 Karakusa
出版元 岡本藤五郎
刊行年月 明22.12
ページ数 107p
大きさ 19cm
NCID BA43980753
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
41018552
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想