会津藩流罪 : 故郷を追われた難民からの再出発復旧、復興に六十年

星亮一 著

3・11大震災と原発事故によって多くの命が失われた東北の地で、故郷を追われた被災者の姿は、140年前の明治藩閥政府による会津藩流罪を彷彿させる。近代から現代に至る時代の転換期におけるこの国の強権的差別性を、多くのエピソードと史料によって跡付ける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 会津落城
  • 斗南藩
  • 凍餃蛮野の地
  • 移住者たちの記録
  • 苦難の日々
  • 廃藩置県
  • 山川浩に密偵の影
  • 思案橋事件
  • 広沢牧場
  • 姿を消した梶原平馬
  • 北海道に生きた会津人
  • 会津若松に残った人々
  • 会津人子弟群像
  • 西南戦争
  • 多年の雲霧ここに晴れたり
  • フロックコートを着た乃木将軍
  • 会津が生んだ軍人たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 会津藩流罪 : 故郷を追われた難民からの再出発復旧、復興に六十年
著作者等 星 亮一
書名ヨミ アイズハン ルザイ : コキョウ オ オワレタ ナンミン カラ ノ サイシュッパツ フッキュウ フッコウ ニ ロクジュウネン
出版元 批評社
刊行年月 2012.5
ページ数 275p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8265-0560-4
NCID BB09378872
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22118753
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想