凍原 : 北海道警釧路方面本部刑事第一課・松崎比呂

桜木紫乃 著

一九九二年七月、北海道釧路市内の小学校に通う水谷貢という少年が行方不明になった。湿原の谷地眼(やちまなこ)に落ちたと思われる少年が、帰ってくることはなかった。それから十七年、貢の姉、松崎比呂は刑事として道警釧路方面本部に着任し、湿原で発見された他殺死体の現場に臨場する。被害者の会社員は自身の青い目を隠すため、常にカラーコンタクトをしていた。事件には、樺太から流れ、激動の時代を生き抜いた女の一生が、大きく関係していた。いま最注目の著者唯一の長編ミステリーを完全改稿。待望の文庫化。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 凍原 : 北海道警釧路方面本部刑事第一課・松崎比呂
著作者等 桜木 紫乃
書名ヨミ トウゲン : ホッカイドウケイ クシロ ホウメン ホンブ ケイジ ダイイッカ マツザキ ヒロ
シリーズ名 小学館文庫 さ13-1
出版元 小学館
刊行年月 2012.6
ページ数 344p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-09-408732-1
NCID BB09590094
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22127451
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想