秩父平氏の盛衰 : 畠山重忠と葛西清重

埼玉県立嵐山史跡の博物館, 葛飾区郷土と天文の博物館 編

知勇兼備の武将として「坂東武士の鑑」とされながら、謀略により一族もろとも滅ぼされた畠山重忠。のちに幾多の伝承を形成する重忠ほどの華々しさには欠けるが、軍功を重ね、いくたびかの政変を乗り切って、東北の所領を維持した葛西清重。二つの相異なる鎌倉武士のあり方を、最新の中世史研究の成果、中世考古学資料、各地域にのこる伝承など多角的な視点から論じ、秩父平氏の実像を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 畠山重忠と葛西清重-博物館から秩父平氏を考える
  • 第1部 総説(畠山重忠-虚像と実像
  • 源平合戦と葛西氏
  • 河越氏・畠山氏等秩父家と武蔵国留守所惣検校職)
  • 第2部 秩父平氏・畠山重忠とその時代(畠山重忠とその時代
  • 武蔵国留守所惣検校職の再検討
  • 秩父平氏の本拠を探る-畠山氏を中心として
  • 秩父平氏の聖地-武蔵嵐山
  • 全国に及ぶ重忠伝承)
  • 第3部 秩父平氏・葛西清重とその時代(秩父平氏と葛西氏-鎌倉幕府成立史の観点から
  • 武蔵国南部の秩父平氏-豊島氏と江戸氏の動向を中心に
  • 鎌倉御家人畠山重忠の軌跡
  • 葛西清重の軌跡)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 秩父平氏の盛衰 : 畠山重忠と葛西清重
著作者等 嵐山史跡の博物館 (埼玉県立)
東京都葛飾区郷土と天文の博物館
葛飾区郷土と天文の博物館
埼玉県立嵐山史跡の博物館
書名ヨミ チチブ ヘイシ ノ セイスイ : ハタケヤマ シゲタダ ト カサイ キヨシゲ
書名別名 Chichibu heishi no seisui
出版元 勉誠
刊行年月 2012.5
ページ数 339p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-585-22038-1
NCID BB09505492
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22128259
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想