絵巻の図像学 : 「絵そらごと」の表現と発想

山本陽子 著

『伴大納言絵詞』『鳥獣戯画』『源氏物語絵巻』など中世の絵巻には、現代の視点で見れば何とも奇妙な表現がちりばめられている。なぜそのように描かれたのか。絵師の発想・意図から中世文化を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 絵巻の表現から絵師の発想を探る(『華厳縁起』義湘絵の一場面から-なぜ善妙はあられもない格好で泣かなければならなかったか
  • 僧の声を聴く-絵巻の声の線の性格と起源について
  • 「〜ところ」という言葉-彦火々出見尊絵巻と画中詞の発生
  • 伴大納言絵詞鎮魂説の再検討-わき役の顔貌表現から制作意図を読む
  • 『鳥獣戯画』甲巻の的弓場面の逆向性について-「嗚呼絵」と鳥獣戯画
  • あばら家の美学-なぜ絵巻に荒廃が描かれたのか)
  • 第2部 絵巻・絵本の武者表現を考える(粉河寺縁起絵巻の長者の娘の出家について-武士一族の出家譚
  • 瓢箪足小考-鳥居派・又兵衛・仁王像
  • 平安絵画における筋肉表現の受容と転用-武者絵以前の「瓢箪足に蚯蚓描」
  • 『平家物語』における筋肉表現の受容と転用-武者絵以前の「瓢箪足に蚯蚓描」
  • 合戦絵巻・絵本における武者の顔貌-武者の顔貌表現の起源
  • 『洞窟の頼朝』の顔貌-近代日本がにおける武者表現)
  • 第3部 絵巻とマンガ・現代絵画の発想(「大人げないもの」が発達するとき-相似形としての絵巻とマンガ
  • マンガ以前の日本絵画の時間と空間表現-マンガのコマとの対比において
  • 偶像崇拝が禁じられた神をどのように描くか-現代日本のマンガとアニメーションにおいて
  • 後ろ姿の自画像について-歌川国芳が顔を見せない理由
  • 柳瀬正夢「五月の朝と朝飯前の私」制作動機-モダンボーイとカミソリ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絵巻の図像学 : 「絵そらごと」の表現と発想
著作者等 山本 陽子
書名ヨミ エマキ ノ ズゾウガク : エソラゴト ノ ヒョウゲン ト ハッソウ
書名別名 Emaki no zuzogaku
出版元 勉誠
刊行年月 2012.5
ページ数 379,8p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-585-27007-2
NCID BB09288940
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22126387
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想