インドネシア森の暮らしと開発 : 土地をめぐる〈つながり〉と〈せめぎあい〉の社会史

増田和也 著

[目次]

  • 森林をめぐるせめぎあいと領有性
  • 第1部 村落レベルの領有性(調査地およびプタランガン社会の概況
  • 森林の利用をめぐる慣習とテリトリーの概念
  • 焼畑耕作にもとづいた空間認識と領有性
  • 河川漁における領有性の形成過程と構成原理)
  • 第2部 国家による空間再編と在地の領有性のせめぎあい(慣習の森から国家の森へ
  • 森林開発のなかで立ち現れる慣習
  • 開発をめぐる予期せぬ展開)
  • 開発過程における領有性の組み替え

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インドネシア森の暮らしと開発 : 土地をめぐる〈つながり〉と〈せめぎあい〉の社会史
著作者等 増田 和也
書名ヨミ インドネシア モリ ノ クラシ ト カイハツ : トチ オ メグル ツナガリ ト セメギアイ ノ シャカイシ
書名別名 Indoneshia mori no kurashi to kaihatsu
出版元 明石書店
刊行年月 2012.3
ページ数 437p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7503-3590-2
NCID BB09266289
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22122130
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想