住民の暮らしを包括的に支えるケアシステムを考える

京都府保険医協会 編

国の「一体改革」で医療・介護は守れるか ケアを必要とする人々のためのシステムとは-地域から提言する・第2弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 社会保障・税一体改革がめざす医療・介護提供体制における地域包括ケアシステムを考える
  • 第2部 介護保険制度改正と国の考える地域包括ケアシステム(2011年12月17日シンポジウムから)(当事者の立場から-認知症の人への対応が進むとは思えない改定
  • 高齢者の住まいと施設ケア
  • 国の考えている「地域包括ケア」と地方自治体の医療・福祉行政
  • 今、行政の保健師・医療専門職員に求められることは?-国の掲げる「地域包括ケアシステム」を実現するために)
  • 第3部 地域でケアを必要とする人たちの今(2011年12月17日シンポジウムから)(地域医療に従事する一医師より
  • ケアを必要とする精神に障害のある人たちの今
  • ケアを必要とする障害のある人たちの今 重なり合うケアへ)
  • 第4部 地域包括ケアから、人をケアで包摂できる「尊厳保障型ケア」体制の確立へ
  • 資料(2012年度介護報酬改定に伴う関係省令の一部改正等への意見
  • 第5期介護保険事業支援計画策定にあたっての要望)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 住民の暮らしを包括的に支えるケアシステムを考える
著作者等 京都府保険医協会
書名ヨミ ジュウミン ノ クラシ オ ホウカツテキ ニ ササエル ケア システム オ カンガエル
出版元 かもがわ
刊行年月 2012.6
ページ数 87p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7803-0538-8
NCID BB09468782
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22128100
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想