次の時代のための吉本隆明の読み方

村瀬学 著 ; 佐藤幹夫 聞き手

吉本隆明が不死鳥のように読み継がれるのはなぜか?たんなる追悼や自分のことを語るための解説ではない、ステレオタイプの礼賛でもなく、もちろんクサすための批評でもない。読めば新しい世界が開けてくる吉本論、大幅に増補して、待望の復刊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「座標」という発想のゆくえ(「マチウ書試論」のモチーフと発想
  • 『言語にとって美とはなにか』のモチーフ
  • 『心的現象論序説』について
  • 「身体・生命・エロス」と神戸事件
  • 「おくれ」の問題について
  • これから吉本隆明を「読む」ことをめぐって)
  • 第2部 「地図」を求めて(地図がわかるとはどういうことか
  • 『共同幻想論』と『古事記』
  • 「転向論」から『共同幻想論』へ
  • 『ハイ・イメージ論』と世界視線
  • 「支え手」としての共同体)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 次の時代のための吉本隆明の読み方
著作者等 佐藤 幹夫
村瀬 学
書名ヨミ ツギ ノ ジダイ ノ タメ ノ ヨシモト タカアキ ノ ヨミカタ
シリーズ名 飢餓陣営叢書
出版元 言視舎
刊行年月 2012.5
版表示 増補言視舎版.
ページ数 280p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-905369-34-9
NCID BB09596104
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22123118
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想