わたしの山小屋日記 : 動物たちとの森の暮らし  春

今泉吉晴 著

山小屋に暮らすナチュラリストが見つけた、身近な動物たちの知恵を探る楽しみ、自然との交流がもたらす不思議な心の動き。生きものたちとのかけがえのない日々を深い愛情をこめて描き出す、みずみずしい"里山の動物誌"。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 春-新生の季節
  • 春の雪からあらわれた謎の物体
  • 雑草が作物より美味なのはなぜ?
  • 「チビちゃん」の命で輝く森
  • 森の水がワサビを育てる土砂を運ぶ
  • 古い果樹園を助け出す
  • わたしを信頼してくれている証拠
  • ムラサキケマンは食べつくされる?
  • 鳥と人が気づき合って生まれる交流
  • 森は自然の図書館です〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 わたしの山小屋日記 : 動物たちとの森の暮らし
著作者等 今泉 吉晴
書名ヨミ ワタシ ノ ヤマゴヤ ニッキ : ドウブツタチ トノ モリ ノ クラシ
巻冊次
出版元 論創社
刊行年月 2012.6
ページ数 95p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8460-1143-7
NCID BB10055021
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22117452
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想