対米従属の正体 : 9条「解釈改憲」から密約まで : 米公文書館からの報告

末浪靖司 著

「戦力」保持を禁じる憲法9条をもつ日本に、米軍駐留は許されない。だが、日本に軍事基地を確保したいアメリカは、9条の「新解釈」を日本政府に教え込む-。米公文書館に通うこと7年、今に続く対米従属の源流をここに突き止める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「米軍駐留」合憲化への工作(最高裁判決の陰に長官とアメリカ大使の密談
  • アメリカが生み出した「九条解釈」
  • もう一人の最高裁判長官が演じた役割)
  • 2 米軍の法規無視をなぜやめさせられないか(アメリカでやっていることを日本で出来ないのは
  • 七〇年代から強まる米軍の治外法権的特権
  • 地位協定第五条の過去と現在)
  • 3 アメリカは裁判権放棄の密約をやめない(女性をおびき寄せ射殺したジラード事件
  • 電車に発砲し乗客を殺したロングプリ事件
  • 裁判権放棄の密約は生きている)
  • 4 日本からの「米軍出撃」と「核持込み」の密約(「事前協議」を空洞化する密約
  • 「出撃」を「移動」と言い換える密約
  • 核持ち込み密約は証明済み)
  • 5 吉田・アチソン交換公文の密約(「極東」での「国連軍」支援を約束
  • 交換公文はいかに作られたか
  • 安保改訂時の交換公文でまた新たな密約)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 対米従属の正体 : 9条「解釈改憲」から密約まで : 米公文書館からの報告
著作者等 末浪 靖司
書名ヨミ タイベイ ジュウゾク ノ ショウタイ : キュウジョウ カイシャク カイケン カラ ミツヤク マデ : ベイ コウブンショカン カラ ノ ホウコク
シリーズ名 日米地位協定
出版元 高文研
刊行年月 2012.6
ページ数 286p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-87498-482-6
NCID BB0949491X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22117455
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想