テレビに破壊される脳

和田秀樹 著

ベストセラー『テレビの大罪』から2年、さらに危険になっているテレビの洗脳手法を暴く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 死を招くテレビの洗脳(アルコール飲料のCMが依存症を蔓延させる
  • WHOの勧告でもアルコール飲料のCMは止まらない ほか)
  • 第2章 不幸をばらまき続ける日本のテレビ(少ないチャンネル数が選択の自由を奪う
  • 無意味な地デジ化 ほか)
  • 第3章 テレビに脳が書き換えられる(テレビはいかに脳のソフトを書き換えるのか
  • 不適応思考のパターンを作りだす恐怖 ほか)
  • 第4章 テレビ脳からいかにして脱するか(子ども1人でテレビを観せてはいけない
  • 新聞や本など他のメディアを子どもに与える ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 テレビに破壊される脳
著作者等 和田 秀樹
書名ヨミ テレビ ニ ハカイ サレル ノウ
書名別名 Terebi ni hakai sareru no
出版元 徳間書店
刊行年月 2012.5
ページ数 231p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-19-863347-9
NCID BB09400519
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22119419
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想