木嶋佳苗危険な愛の奥義

高橋ユキ 著

なぜ女も木嶋佳苗に魅入られてしまうのか。稀代の"毒婦"に男性被害者は何を見たか。法廷に集う女性は何を求めたのか?死を呼ぶ恋愛、モンスターラブの真実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 結婚をまじめに考えています(アンタ、あたしに興味持ってわざわざ来たんだ
  • 自意識過剰にも見える「お色直し」 ほか)
  • 第2章 ホテルの中でのことは一切話したくありません(「特別なもの」を持つ女の言い分)
  • 第3章 罪悪感はありません(検察官は痛々しいほど力み過ぎた)
  • 第4章 私は一般の女性とは違うのです(結婚への焦りはあったのか
  • 木嶋佳苗が一番愛していたのは…)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 木嶋佳苗危険な愛の奥義
著作者等 高橋 ユキ
書名ヨミ キジマ カナエ キケン ナ アイ ノ オウギ
出版元 徳間書店
刊行年月 2012.5
ページ数 365p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-19-863413-1
全国書誌番号
22123637
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想