叛信長記  2

工藤章興 著

天正六年、長篠の戦いから三年後、畿内を中心に東海、北陸を合わせて巨大な軍事力を誇り、傘下に勇将、知将を擁する魔王信長と織田軍団にいかに立ち向かうか?まず、信長版図内に別所長治、荒木村重が反逆の狼煙をあげる。これに合わせて毛利両川、村上水軍による三道併進策が始動し、上杉景勝は北陸道から、武田勝頼と北条氏政は東海道から攻め上がる。行く手を塞ぐのは柴田勝家、徳川家康、そして羽柴、明智の面々、ここに新信長包囲網対信長軍団の新たな戦いが始まる。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 叛信長記
著作者等 工藤 竹富
工藤 章興
書名ヨミ ハン シンチョウキ
書名別名 Han shinchoki
シリーズ名 歴史群像新書 332-2
巻冊次 2
出版元 学研パブリッシング
学研マーケティング
刊行年月 2012.6
ページ数 277p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-05-405341-0
全国書誌番号
22116178
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想