LDは僕のID : 字が読めないことで見えてくる風景

南雲明彦 著

不登校・うつ・強迫性障害に苦しみながら、21歳で知った読字障害(ディスレクシア)という「生きづらさ」の正体。実名を公表し、啓発活動を続ける著者が自ら綴った渾身のメッセージ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「生きづらさ」の中で-僕の生い立ち(将来の夢は、警察官
  • 焦り ほか)
  • 第2章 LDは「学びの発見」だ!-僕にとっての「障害」(実名がもつ力
  • 「当事者」って、なんだろう ほか)
  • 第3章 まずは先生に自己肯定感を-僕が考える「発達障害支援」(「常にニコニコしている子」の気持ち
  • ノイズだらけの耳 ほか)
  • 第4章 「生きづらさ」の可能性-歩み寄る社会に向けて(歩み寄りのプロセス
  • 許し合い、乗り越えること ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 LDは僕のID : 字が読めないことで見えてくる風景
著作者等 南雲 明彦
書名ヨミ エルディー ワ ボク ノ アイディー : ジ ガ ヨメナイ コト デ ミエテ クル フウケイ
出版元 中央法規
刊行年月 2012.5
ページ数 157p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8058-3674-3
NCID BB09371829
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22123103
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想