外待雨

六道慧 著

父・多聞の死、許嫁である水嶋波留の失踪-深い苦しみに耐えながら、隼之助は希望を失っていなかった。父の薫陶、波留の優しさを支えに鬼役としての責務を果たそうとする。新たな潜入先は、茶問屋"山菱屋"。この店の主が点てた茶からは、妻への深い愛と哀しみの味がした。山菱屋は幕府に楯つく薩摩藩の手の者なのか、それとも?隼之助の"鬼の舌"は、天下と愛しき者を守れるか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 外待雨
著作者等 六道 慧
書名ヨミ ホマチアメ
書名別名 Homachiame
シリーズ名 公儀鬼役御膳帳 り7-13
徳間文庫 り7-13
出版元 徳間書店
刊行年月 2012.6
ページ数 417p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-19-893553-5
全国書誌番号
22118797
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想