臨床実践動きのとらえかた : 何をみるのかその思考と試行

山岸茂則 編集

[目次]

  • 第1部 動きを観るわけ
  • 第2部 観察のポイント(何を観るのか
  • どのように観るのか ほか)
  • 第3部 動きを診る-動作分析の流れと解釈(動作障害編
  • 関節障害編)
  • 第4部 動きを観る前に-動きの相と機能的意味(寝返り
  • 起き上がり ほか)
  • 第5部 動きを診るための基礎知識(足の基礎的バイオメカニクス
  • コアスタビリティ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 臨床実践動きのとらえかた : 何をみるのかその思考と試行
著作者等 山岸 茂則
書名ヨミ リンショウ ジッセン ウゴキ ノ トラエカタ : ナニ オ ミル ノカ ソノ シコウ ト シコウ
書名別名 Rinsho jissen ugoki no toraekata
出版元 文光堂
刊行年月 2012.5
ページ数 237p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-8306-4391-0
NCID BB0925517X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22121759
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想