好敵手(ライバル)オンリーワン  2

至道流星 著

孝一郎の不用意な一言がきっかけで始まった弥生と水貴の勝負は、さらに不用意な一言により、孝一郎自身を好きにできる権利をかけての事業拡大=お金もうけ勝負となり、ますますヒートアップしていた。そんな中、学校での進路指導をきっかけに、孝一郎は自らの進路について考える。今までは何となく3人で過ごしてきたが、いつかは離れなければいけないのではないか。そうなったときに自分のやりたいことはあるのか…。悩む孝一郎は、つい弥生と水貴と喧嘩をしてしまう。さらには、水貴が新しく始めた事業が暗礁に乗り上げて-。至道流星が贈るトライアングル商業ラブコメ。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 好敵手(ライバル)オンリーワン
著作者等 至道 流星
書名ヨミ ライバル オンリー ワン
書名別名 好敵手オンリーワン

Raibaru onri wan
シリーズ名 講談社ラノベ文庫 し-1-1-2
巻冊次 2
出版元 講談社
刊行年月 2012.6
ページ数 286p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-375241-0
全国書誌番号
22122446
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想