首相政治の制度分析 = The Japanese Premiership:An Institutional Analysis of the Power Relations : 現代日本政治の権力基盤形成

待鳥聡史 著

低迷の20年。選挙制度改革、官邸機能改革、政権交代を経て首相の権力基盤と「日本政治」は如何なる変貌を遂げたのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 首相政治はいかに形成されてきたか(現代日本政治の歴史的文脈)
  • 第2部 首相政治はいかに展開しているか(新しい権力基盤の形成
  • 首相から見た与党議員と官僚
  • 与党議員と官僚から見た首相)
  • 第3部 首相政治はどこに向かうのか(比較の中の首相政治)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 首相政治の制度分析 = The Japanese Premiership:An Institutional Analysis of the Power Relations : 現代日本政治の権力基盤形成
著作者等 待鳥 聡史
書名ヨミ シュショウ セイジ ノ セイド ブンセキ : ゲンダイ ニホン セイジ ノ ケンリョク キバン ケイセイ
書名別名 The Japanese Premiership:An Institutional Analysis of the Power Relations
シリーズ名 叢書21世紀の国際環境と日本 003
出版元 千倉書房
刊行年月 2012.6
ページ数 214p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8051-0993-9
NCID BB09326416
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22115935
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想