パルス波ECTハンドブック

Mehul V. Mankad, John L. Beyer, Richard D. Weiner, Andrew D. Krystal 原著 ; 本橋伸高, 上田諭 監訳 ; 竹林実, 鈴木一正 訳

電気けいれん療法を適切に行い、最大の治療効果を得るための臨床マニュアル。最新の理論、装置と手順、有効な発作を得るための評価法を簡潔に記載。パルス波治療器の様々なパラメータを駆使するために知っておくべき知識が満載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 背景(電気けいれん療法の歴史
  • 使用の適応
  • 患者の紹介と評価)
  • 第2部 電気刺激と手技(基礎
  • 臨床適用
  • 麻酔薬と他の薬物)
  • 第3部 発作モニタリング(発作時の運動反応
  • 発作時の脳波反応
  • 心血管系反応)
  • 第4部 治療コース(有害作用
  • 適切な発作への対処
  • 急性期ECT
  • 維持ECT
  • ECT施行手順 ステップ・バイ・ステップ)
  • 付録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パルス波ECTハンドブック
著作者等 Beyer, John L.
Mankad, Mehul V
Weiner, Richard D.
上田 諭
本橋 伸高
竹林 実
鈴木 一正
Krystal Andrew D.
マンカッド メュール・V.
書名ヨミ パルスハ ECT ハンドブック
書名別名 Clinical manual of electroconvulsive therapy

Parusuha ECT handobukku
出版元 医学書院
刊行年月 2012.5
ページ数 203p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-260-01565-3
NCID BB09252590
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22106470
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想