構造と診断 : ゼロからの診断学

岩田健太郎 著

診断とは何か?根源的に、そして真摯に、患者と向き合い、診断に近づいていこうとする岩田健太郎、初の診断論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 診断することを根源的に考える
  • 診断と自我
  • 正しい診断
  • 全体から考える
  • 時間から考える
  • 帰納法であることを上手に使う
  • 誤診から学ぶという話
  • 現象をつかみとる難しさ
  • 自らの検査前確率をリッチにする
  • 教科書通りの患者は来ない?〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 構造と診断 : ゼロからの診断学
著作者等 岩田 健太郎
書名ヨミ コウゾウ ト シンダン : ゼロ カラ ノ シンダンガク
書名別名 Kozo to shindan
出版元 医学書院
刊行年月 2012.6
ページ数 205p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-260-01590-5
NCID BB09225452
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22121631
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想