講座生存基盤論  第1巻

杉原 薫;脇村 孝平;藤田 幸一;田辺 明生【編】

人類が生き延びてこられたのはなぜか-地球環境の持続の条件を探るグローバル・ヒストリー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 熱帯生存圏の歴史的射程
  • 第1編 生存基盤の歴史的形成-生産の人類史から生存の人類史へ
  • 第2編 近代世界システムと熱帯生存圏
  • 第3編 モンスーン・アジアの発展径路と日本-発展を支えた農村制度に着目して
  • 第4編 熱帯における生存基盤の諸相-植民地支配・脱植民地化・石油依存
  • 多様性のなかの平等-生存基盤の思想の深化に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 講座生存基盤論
著作者等 杉原 薫
田辺 明生
脇村 孝平
藤田 幸一
書名ヨミ コウザ セイゾン キバンロン
書名別名 歴史のなかの熱帯生存圏 : 温帯パラダイムを超えて

Koza seizon kibanron
巻冊次 第1巻
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2012.5
ページ数 536p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87698-202-8
NCID BB09125866
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22121603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想