プリニウスの博物誌  2 (第7巻~第11巻)

プリニウス [著] ; 中野定雄, 中野里美, 中野美代 訳

「第7巻」-重要な手紙4通や同時に口述したカエサルの精神力、ポンペイウスやカトーの業績、不幸な晩年を送ったアウグストゥスの運命など、数々のエピソードをまじえながら"人間"そのものを探求した巻。出産、天才、偉人、運命、寿命、死について、また文字や武器、時計の発達、ひげそりの風習などの克明な記述から当時の生活が浮び上がってくる。「第8〜11巻」-陸棲動物、水棲動物、鳥類、昆虫、人間の体の構造と器官について詳細に記している、特に人間と関係の深いゾウ、ライオン、イルカ、イヌ、ミツバチなどの記述は微細で、当時の動物の扱い方、考え方がわかる。またガチョウの肝などのぜいたくな食物、カタツムリやウナギの養殖、染料をとるムラサキ貝、真珠とそれにまつわる話などは今日でも興味深い。日本翻訳出版文化賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第7巻 人間
  • 第8巻 陸棲動物の性質
  • 第9巻 水棲動物の性質
  • 第10巻 鳥の性質
  • 第11巻 昆虫の種類

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プリニウスの博物誌
著作者等 Plinius
中野 定雄
中野 美代
中野 里美
書名ヨミ プリニウス ノ ハクブツシ
書名別名 Plinii Naturalis Historia
巻冊次 2 (第7巻~第11巻)
出版元 雄山閣
刊行年月 2012.5
版表示 縮刷版
ページ数 p296~531 図版34p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-639-02231-2
全国書誌番号
22121525
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想