井原西鶴と日本語の世界 : ことばの浮世絵師

杉本つとむ 著

人間実存の意味を、美女を描く浮世絵師の如く、冷静に、きめ細かく、ときに大胆にときに大笑いし、涙を胸に秘め、じっと見るべきものは毛髪一本も見逃すことなく描いた。西鶴、平山藤五の言語宇宙を、その言葉の力のすばらしさを、生活語、民俗、言業などに分けて実証的に考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 西鶴を考察する視座(西鶴の描いた十七世紀の人と社会
  • 西鶴と戯作執筆の意図 ほか)
  • 2 西鶴、新文章の創始と方法(創作の秘訣
  • 語り・咄しの文態 ほか)
  • 3 西鶴とその言語宇宙(近代語の創造者-相鑰から悪知恵まで
  • 民俗の記録者-大原の雑魚寝〜風の神おくり ほか)
  • 4 西鶴の心のうちを語る"掌中小説"(男地蔵
  • 白か黒か ほか)
  • 余論 江戸俗字の解読と検証-西鶴作品を中心に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 井原西鶴と日本語の世界 : ことばの浮世絵師
著作者等 杉本 つとむ
書名ヨミ イハラ サイカク ト ニホンゴ ノ セカイ : コトバ ノ ウキヨエシ
書名別名 Ihara saikaku to nihongo no sekai
出版元 彩流社
刊行年月 2012.5
ページ数 481p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7791-1758-9
NCID BB09246951
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22120815
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想