ケルト物語 : 絡み合う周縁からの視線ケルトと日本

松島駿二郎 著

ケルトの来歴をわかりやすく解説。ヒーニー、イェイツ、ハーン、ジョイス、シング、南方熊楠や『アーサー王物語』『ケルズの書』などを通して山里と谷間の奥にケルティックな民話を生み出した我が国と、妖精たちに育まれたアイリッシュ・ケルトの、霊的な共通点に想いを馳せる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ローマ人の悪夢
  • 第2章 周縁に生きる
  • 第3章 ケルトと妖精
  • 第4章 アラン島
  • 第5章 ブルターニュ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ケルト物語 : 絡み合う周縁からの視線ケルトと日本
著作者等 松島 駿二郎
書名ヨミ ケルト モノガタリ : カラミアウ シュウエン カラ ノ シセン ケルト ト ニホン
書名別名 Keruto monogatari
出版元 彩流社
刊行年月 2012.5
ページ数 185p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7791-1788-6
NCID BB09322131
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22114747
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想