大学の協同を紡ぐ : 京都の大学生協

名和又介, 庄司俊作, 井上史 編

戦後の高度経済成長と大学生協の発展の問題を意識した研究の成果を論文と、大学生協関係者によるオーラル・ヒストリーでひもとく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 研究編(大学生協の高度経済成長と学生生活
  • バブルおよびポストバブル期における消費動向と学生生活の変化
  • 京都、滋賀、奈良地域の学生生活
  • 消費者運動から考える大学生協
  • 1960年代の同志社生協 ほか)
  • 第2部 証言編(1950〜1960年代
  • 1970年代
  • 1980年代以降)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大学の協同を紡ぐ : 京都の大学生協
著作者等 井上 史
名和 又介
庄司 俊作
書名ヨミ ダイガク ノ キョウドウ オ ツムグ : キョウト ノ ダイガク セイキョウ
シリーズ名 同志社大学人文科学研究所研究叢書 43
出版元 コープ出版
日本生活協同組合連合会出版部
刊行年月 2012.5
ページ数 477p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87332-310-7
NCID BB0920647X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22105096
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
1960-70年代の京大生協 西山功
1960年代の同志社生協 井上 史
1960年代の同志社生協の可能性 及川英二郎
1970年代、80年代の同志社生協 井上 史
1983年立命館生協 芦田文夫
34年の大学生協歴をふりかえって 平信行
70年代後半の大学生協の活動と事業について 三宅智巳
70年代後半の大学生協の活動と事業について 毛利雅彦
「同盟化」の時代 横関武
『邂逅』 (同志社大学生協書評誌) と全国大学生協読書推進運動 名和 又介
わたしと大学生協 末廣恭雄
バブルおよびポストバブル期における消費動向と学生生活の変化 久保建夫
京都、滋賀、奈良地域の学生生活 三宅智巳, 久保建夫, 名和 又介
京都の大学生協で経験したこと、考えていたこと 小塚和行
京都事業連合の歩みと「98年問題」を超えて 小池恒男
京都地域の大学紛争と生協・京都地域大学生協の事業連帯活動について 稲川和夫
先輩方の頑張りの上に今大学生協の書籍事業があることを! 寺尾正俊
初期の同志社生協史に関する一考察 小枝弘和
同志社大学協同組合の経営立て直しに参画する 竹本成德
同志社大学学生会館と生協設立 太田雅夫
同志社生協食堂部門の歴史と京都事業連合及び大学生協連食堂政策の推移 今岡徹
大学生協における事業連合組織の形成とその特徴 小見弘
大学生協の高度経済成長と学生生活 庄司 俊作
大学生協運動の転換期に身をおいて 原強
安部磯雄から学ぶ 大鉢忠
消費者運動から考える大学生協 原山浩介
田辺移転・業者競合から工学部の統合移転・女子大店舗開設の頃 横山治生
研究編
私の在籍した頃の京都府立医科大学・府立大学生活協同組合 横関初恵
紛争に揺れた時期の京大の表と裏 野村秀和
証言編
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想