砲術艦長黛治夫 : 海軍常識を覆した鬼才の生涯

生出寿 著

太平洋戦争とは欧米的な発想と日本的な発想との勝負であったとも言われる-レイテ沖海戦で敵空母群を猛撃、大胆にして細心、常に目的意識を見失うことなく、自己を鮮明に標榜して発想する日本海軍稀有の人材。開戦とともに生起した航空決戦にのぞまなければならなかった。名砲術指揮官の苦悩の道を描く人物伝。

「BOOKデータベース」より

太平洋戦争とは欧米的な発想と日本的な発想との勝負であったとも言われる-レイテ沖海戦で敵空母群を猛撃、大胆にして細心、常に目的意識を見失うことなく、自己を鮮明に標榜して発想する日本海軍稀有の人材。開戦とともに生起した航空決戦にのぞまなければならなかった名砲術指揮官の苦悩の道を描く人物伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 山本五十六との会見
  • とまらない涙
  • 初の飛行艇母艦艦長
  • 「秋津洲」流戦場航海術
  • 蜃気楼の大戦果
  • バカの標本
  • 航空主兵・戦艦無用論
  • 用意周到な男
  • 海の狼
  • おどろくべき大望〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部(山本五十六との会見
  • とまらない涙
  • 初の飛行艇母艦艦長
  • 「秋津洲」流戦場航海術
  • 蜃気楼の大戦果
  • バカの標本
  • 航空主兵・戦艦無用論
  • 用意周到な男
  • 海の狼)
  • 第2部(おどろくべき大望
  • 型やぶりの青年士官
  • 艦隊派と条約派
  • 軍人の本分)
  • 第3部(小沢治三郎の必勝戦法
  • 「戦力絶対」の訓練
  • 旗艦沈没
  • 戦艦「武蔵」救援
  • 全軍突撃セヨ
  • ライオン艦長
  • 功績抜群)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 砲術艦長黛治夫 : 海軍常識を覆した鬼才の生涯
著作者等 生出 寿
書名ヨミ ホウジュツ カンチョウ マユズミ ハルオ : カイグン ジョウシキ オ クツガエシタ キサイ ノ ショウガイ
シリーズ名 光人社NF文庫
出版元 潮書房光人社
刊行年月 2012.6
版表示 新装版.
ページ数 355p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-7698-2124-3
NCID BA63763022
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22095003
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想