理論刑法学の探究  5

川端博, 浅田和茂, 山口厚, 井田良 編

[目次]

  • 論文(いわゆる過失競合事案における過失認定の在り方について
  • 過失犯罪における実行行為性・予見可能性の問題-日航機ニアミス事件を素材にして
  • 大規模医療事故と過失犯論
  • 親族間における保障人的義務の現代的意義
  • 保障人的地位について
  • 不真正不作為犯の制約根拠としての真正不作為犯)
  • 書評

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 理論刑法学の探究
著作者等 井田 良
山口 厚
川端 博
浅田 和茂
書名ヨミ リロン ケイホウガク ノ タンキュウ
書名別名 Riron keihogaku no tankyu
巻冊次 5
出版元 成文堂
刊行年月 2012.5
ページ数 264p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7923-1941-0
NCID BA85928829
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22117542
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想