宮沢賢治の全俳句

石寒太 著

賢治の偉大な創作活動を理解すれば、この一行詩は、貴重な資料である。従来のハイクではなく、賢治独自の詩としての、新しい世界が立ち顕れてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 一般作品鑑賞(岩と松峠の上はみずれのそら
  • 五輪塔のかなたは大野みぞれせり
  • つゝじこなら温石石のみぞれかな ほか)
  • 菊の連作鑑賞(魚燈して霜夜の菊をめぐりけり
  • 灯に立ちて夏葉の菊のすさまじさ
  • 斑猫は二席の菊に眠りけり ほか)
  • 連句・付句鑑賞(佐藤二岳宛書簡(昭和三年十月三十日)
  • 藤原嘉藤治宛書簡(昭和五年十二月一日)
  • 大橋無価宛(「東北砕石工場花巻出張所」用箋) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮沢賢治の全俳句
著作者等 石 寒太
書名ヨミ ミヤザワ ケンジ ノ ゼンハイク
書名別名 Miyazawa kenji no zenhaiku
出版元 飯塚書店
刊行年月 2012.6
ページ数 127p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7522-2064-0
NCID BB09643270
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22109626
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想