この国にとっての脱原発とは? : 日本そしてドイツ

K・H・フォイヤヘアト, 中野加都子 共著

共同体を背景に持つドイツ。持たない日本。ヨーロッパでは、EUという超国家的枠組みの中で、それぞれの国が独自の方法でエネルギー政策を選択しながら、全体としては相互融通による補完が可能なしくみになっています。つまり、国、EUという二重のシステムにおいて、それぞれのレベルで地域特性を生かすことによって合理的整合性を図る仕組みになっているのです。そのデメリットとして顕在化しているのが、ユーロ危機でもあると考えられます。こうしたEUという共同体の中核国であるドイツで可能なことを、共同体組織を持たない日本でもできると考えることは、別の意味で大きなリスクを伴うということを考えておかなければなりません。筆者らは12年間にわたり「日本とドイツの比較プロジェクト」に取り組んできました。本書はそうした経験により、幅広い視野で今後の方向性を考えるきっかけを提供しています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 省エネランプをめぐってドイツで起こった問題-ドイツの省エネランプはLEDではない(省エネランプに交換しましょう
  • 光の合図を出しなさい!
  • 省エネランプへの転換の経緯
  • 省エネランプへの10の偏見
  • 電気スモッグ(電磁波)から市民を守る
  • あるシックハウス症候群研究者の意見
  • 水銀1ミリグラムで5300リットルの飲料水が使えなくなる
  • 基礎知識としての水銀)
  • 第2章 サマータイム制度の効果(「サマータイム制度」と「サマータイム勤務制度」の違い
  • ドイツにおけるサマータイム制度導入の経緯
  • 制度導入25年から見たサマータイム制度
  • 日本のサマータイム制度導入をめぐるこれまでの経緯
  • 日本におけるさまざまな意見の例
  • 別の角度から考える
  • 日本人の生活習慣や文化に与える影響)
  • 第3章 脱原発に向かうドイツ(ヨーロッパ主要国の原子力発電への取組み状況
  • 倫理委員会の提言
  • 脱原発を目指すドイツの背景
  • 脱原発とユーロ危機、欧州送電網計画
  • EU構築の歴史と脱原発
  • 各国におけるEUの受止め方と脱原発
  • ドイツの再生可能エネルギーへの挑戦
  • まとめ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 この国にとっての脱原発とは? : 日本そしてドイツ
著作者等 Feuerherd, Karl-Heinz
Feuerherd, Karl‐Heinz
中野 加都子
フォイヤヘアト カール・ハインツ
書名ヨミ コノ クニ ニ トッテ ノ ダツ ゲンパツ トワ : ニホン ソシテ ドイツ
書名別名 Kono kuni ni totte no datsu genpatsu towa
出版元 技報堂
刊行年月 2012.6
ページ数 195p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7655-3456-7
NCID BB09465707
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22113022
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想