戦前日本の石油攻防戦 : 一九三四年石油業法と外国石油会社

橘川武郎 著

貿易黒字下の市場開放やエネルギー安定供給をめぐり、二〇世紀後半以降の日本が諸外国と熾烈なせめぎあいを見せた原点とは。本書では、その出発点の一つとして、一九三四年の石油業法の成立・施行と、それへの米国系石油会社(スタンヴァック)の対応を詳細に分析する。日米英の一次資料を駆使し、経済自立に繋がる通商取引を目指した日本、自由貿易原則を唱えた米国、各担当者達の行動が赤裸々に解明される。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 熾烈な対外経済交渉の原点
  • 第1章 石油業法制定の前史-一九三一年以前
  • 第2章 石油業法の制定過程-一九三二〜三四年四月
  • 第3章 問題の顕在化-一九三四年四〜一一月
  • 第4章 交渉と「合意」-一九三四年一一月〜三五年四月
  • 第5章 「合意」崩壊と問題曖昧化-一九三五年四月以降
  • 終章 不公正な制度への誤った対応
  • 補章 戦前日本のスタンヴァック

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦前日本の石油攻防戦 : 一九三四年石油業法と外国石油会社
著作者等 橘川 武郎
書名ヨミ センゼン ニホン ノ セキユ コウボウセン : センキュウヒャクサンジュウヨネン セキユギョウホウ ト ガイコク セキユ ガイシャ
書名別名 Senzen nihon no sekiyu kobosen
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2012.5
ページ数 255,5p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-06229-4
NCID BB09349397
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22109610
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想