源氏以後の物語を考える : 継承の構図

久下裕利 編

[目次]

  • 後期物語創作の基点-紫式部のメッセージ
  • 『夜の寝覚』の女君-かぐや姫と楊貴妃と
  • 『浜松中納言物語』・『狭衣物語』の終幕-『竹取物語』における「永訣」の構図の継承と展開
  • 「むねいたきおもひ」の果て-『御津の浜松』最終巻読解のための覚書
  • 『堤中納言物語』「はいずみ」前半部の機知と諧謔
  • 『はなだの女御』の「跋文」を考える-『堤中納言物語』の本文批判と解釈
  • 頼通の時代と物語文学-『とりかへばや』から考える
  • 按察家の人々-『海人の刈藻』を中心として
  • 『雲隠六帖』は『源氏物語』の何を補うか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源氏以後の物語を考える : 継承の構図
著作者等 久下 裕利
書名ヨミ ゲンジ イゴ ノ モノガタリ オ カンガエル : ケイショウ ノ コウズ
書名別名 Genji igo no monogatari o kangaeru
シリーズ名 考えるシリーズ 4
出版元 武蔵野書院
刊行年月 2012.5
ページ数 240p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8386-0432-6
NCID BB09251725
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22112480
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想