詩歌と戦争 : 白秋と民衆、総力戦への「道」

中野敏男 著

官僚がつくる「唱歌」に猛反発した北原白秋は「童謡」を創生し、震災後の社会に受け入れられて国民詩人の地位を確立する。自治への欲求を高めて大正デモクラシーを担った民衆は、詩人に作詞を依頼して「わが町」を歌いあげる民謡に熱狂した。拡大の一途をたどりつつ国民に奉仕を求める国家、みずから進んで協力する人々、その心情を先取りする詩人、三者は手を取りあうようにして戦時体制を築いてゆく。"抒情"から"翼賛"へと向かった心情の回路を明らかにし、戦前・戦時・戦後そして現在の一貫性をえぐり出す瞠目の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 震災から戦争へ揺れた心情の経験-詩人と民衆の詩歌翼賛への道
  • 第1章 抒情詩歌の成立と本質化される郷愁-日本製郷愁の二つの問題構成
  • 第2章 民衆の植民地主義と日本への郷愁-傷を負った植民者のナショナリズム
  • 第3章 歌を求める民衆/再発見される「この道」-震災後の地方新民謡運動と植民地帝国の心象地理
  • 第4章 国民歌謡と植民地帝国の心情動員-翼賛する詩歌/自縛される心情
  • 終章 継続する体制翼賛の心情

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 詩歌と戦争 : 白秋と民衆、総力戦への「道」
著作者等 中野 敏男
書名ヨミ シイカ ト センソウ : ハクシュウ ト ミンシュウ ソウリョクセン エノ ミチ
書名別名 Shika to senso
シリーズ名 NHKブックス 1191
出版元 NHK
刊行年月 2012.5
ページ数 318p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-091191-4
NCID BB09224926
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22112766
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想