内容学と架橋する保健体育科教育論

後藤幸弘, 上原禎弘 編著

[目次]

  • 教科の成立基盤(身体運動文化)と教科の特性
  • 保健体育授業の構造と機能について
  • 保健体育科の目標と学力
  • 保健体育科の領域編成について
  • 保健体育科の教育内容について
  • 技術について
  • 競争とルールについて
  • 戦術学習
  • 発達段階と運動学習の適時期
  • 教材づくりについて〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 内容学と架橋する保健体育科教育論
著作者等 上原 禎弘
後藤 幸弘
書名ヨミ ナイヨウガク ト カキョウ スル ホケン タイイクカ キョウイクロン
書名別名 Naiyogaku to kakyo suru hoken taikuka kyoikuron
出版元 晃洋書房
刊行年月 2012.5
ページ数 321p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7710-2366-6
NCID BB09563364
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22120764
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想