水と森の財政学

諸富徹, 沼尾波子 編

水と森をどう守るのか。地方独自の取り組みや民間参入の動きが注目されるなか、公私分担、政府間財政関係などの視点から実証的に分析。公共政策のあり方を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「水と森の財政学」とは何か
  • 第1章 森林政策における政府間財政関係
  • 第2章 水源地域における水資源の保全と財政負担
  • 第3章 森林保全税政策の形成と全国的展開
  • 第4章 地方分権一括法と法定外税・超過課税の活用-応益的共同負担の観点から
  • 第5章 神奈川県水源環境税による施策の検証と課題-市町村交付金をめぐる県と市町村との役割を中心に
  • 第6章 水・森をめぐる公共政策とそのガバナンス-水源環境保全・再生かながわ県民会議の意義と教訓
  • 第7章 水道事業の公私分担-スウェーデンの事例を手がかりに
  • 第8章 途上国の水道事業民営化-インドネシア・ジャカルタの事例から
  • 第9章 「統合的水資源管理」の財政学-水管理組織と財源調達システムのあり方をめぐって
  • 終章 水と森の財政学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水と森の財政学
著作者等 伊集 守直
其田 茂樹
宮永 健太郎
沼尾 波子
清水 雅貴
石崎 涼子
諸富 徹
賴 俊輔
髙井 正
書名ヨミ ミズ ト モリ ノ ザイセイガク
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2012.5
ページ数 271,5p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8188-2209-2
NCID BB09254676
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22116630
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想