越境する1960年代 = The Transborder Sixties : 米国・日本・西欧の国際比較

油井大三郎 編

"反乱の時代"を支えた世界的同時性の本質。global sixtiesといわれる社会運動の諸相を実証的に検証し、政治運動だけでなく各国の文化変容に与えた影響を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 一九六〇年代研究の国際比較-証言と歴史研究の間
  • 第1部 米国ニューレフトとヴェトナム反戦運動(民主的文化、社会変革運動、そして国際的六〇年代
  • 「三つの世界」のなかのアメリカ「六〇年代」-ニューヨーク自由大学とニューレフトの「革命」
  • アメリカおけるヴェトナム反戦運動とその遺産-ヴェトナム帰還兵・「アメリカの戦争犯罪」、国際的連関
  • 米国環境運動をめぐる二つの越境-アーノルド・バインダー、ムレイ・ブクチン、ジョセフ・サックス)
  • 第2部 越境するマイノリティ運動(ガーナにおけるアフリカ系アメリカ人亡命者と一九六〇年代の「長く暑い夏」
  • 「公民権物語」の限界と長い公民権運動論-ウィリアムス、キング、デトロイト・グラスルーツの急進主義に関する一考察
  • 一九六〇年代の先住民運動-レッド・パワーと越境
  • アメリカの福祉権運動と人種、階級、ジェンダー-「ワークフェア」との闘い)
  • 第3部 越境する女性運動(リスペクタビリティという問題-一九六〇年代のアメリカにおける性とジェンダーをめぐる闘い
  • ニューヨークの女性解放運動とラディカル・フェミニズムの理論形成
  • 日本のウーマンリブと「女のからだ」)
  • 第4部 一九六〇年代ヨーロッパの越境(ヨーロッパにおける「一九六八年」
  • 西ドイツ新左翼における「アメリカ」の受容
  • 一九六〇年代フランスにおける政治文化の形成-「社会的アクターとしての『ル・ヌーヴェル・オプセルヴァトゥール』
  • イタリア・カトリックの「六八年」-ミラーノの学生、聖職者の抗議運動を中心に)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 越境する1960年代 = The Transborder Sixties : 米国・日本・西欧の国際比較
著作者等 油井 大三郎
書名ヨミ エッキョウ スル センキュウヒャクロクジュウネンダイ : ベイコク ニホン セイオウ ノ コクサイ ヒカク
書名別名 The Transborder Sixties
出版元 彩流社
刊行年月 2012.5
ページ数 334,60p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7791-1790-9
NCID BB0927927X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22114746
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想