天狼新星 : SIRIUS:Hypernova

花田智 著

2015年、高速大容量の通信技術、光ソリトン通信を実用化したSOCOM社は、ネット上の不審なノイズ"ソリタリー・パケット"の排除のため、大河内未紀をリーダーとするエンジニア集団による対策チームを設立した。2058年、量子コンピュータ"フェイント・ボイス"の破壊作戦中に特殊電脳兵の林一等通信兵らは、未知の空間へ迷い込む。エンジニアと特殊電脳兵の時空を超えた邂逅が露わにした、壮大な極秘計画-その中心で、悲劇の少女は、この星の未来を予言する。現役の微生物学者にして劇団の作・演出家が、伝説の本格SF演劇を自ら改訂小説化。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天狼新星 : SIRIUS:Hypernova
著作者等 花田 智
書名ヨミ テンロウ シンセイ : シリウス ハイパーノヴァ
シリーズ名 ハヤカワSFシリーズJコレクション
出版元 早川書房
刊行年月 2012.5
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-15-209299-1
NCID BB09439547
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22107518
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想