清言冷話 : 名家説林

田村奈良吉 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 籠城主義の弊・法学博士農学博士・新渡戸稲造 / 1
  • 国家に対する青年の興味・国民新聞主幹・徳富猪一郎 / 3
  • 学校以外の教育・文学士・西岡金三郎 / 9
  • 諸人種の風俗奇譚・理学博士・坪井正五郎 / 15
  • 睡眠と偉人・ドクトル・松尾東洋 / 19
  • 眉論・大内青巒 / 24
  • 所謂煩悶と自称神仏に就きて・文学博士・桑木厳翼 / 28
  • 昔の青年と今の青年・文学士・大町桂月 / 36
  • 文学志望者の覚悟・早稲田大学校講師・島村抱月 / 40
  • 老人的青年・海老名弾正 / 44
  • 江戸趣味と田舎趣味・島崎藤村 / 54
  • 運、鈍、根・文学博士・三宅雪嶺 / 60
  • 地形及び地勢と人文・農学士・志賀重昂 / 65
  • 真の成功・万朝報記者・山県五十雄 / 77
  • 青年時代に於ける人世の危機・加藤咄堂 / 85
  • 雄弁術と余が経験・矢野竜渓 / 92
  • 日本と支那との武士的思想・文学博士・芳賀矢一 / 97
  • 文学者となる勿れ・塚原渋柿園 / 99
  • 青年の海外雄飛・竹越与三郎 / 106
  • 余が倫理宗教観・山路愛山 / 117
  • 偉人の克己と現代の青年・文学博士・中島徳蔵 / 124
  • 英語の学力不充分なる最大原因・正則英語学校長・斉藤秀三郎 / 129
  • 現代の青年を誡む・伯爵・大隈重信 / 134
  • 徒歩主義の十面・文学士・登張竹風 / 142
  • 実業の要求・東京高等工業学長・手島精一 / 150
  • 学生堕落の縁由・文学士・藤野二郎 / 154
  • 未来の宗教・東京師範学校教授・樋口勘次郎 / 161
  • 将来の文章・東京朝日新聞教授・夏目漱石 / 168
  • 米国に於ける余の苦学・野口米二郎 / 171
  • 青年と煩悶・東京朝日新聞主筆・池辺吉太郎 / 181
  • 富貴利達と品性・早稲田大学講師・安部磯雄 / 189
  • 外国語研究に就て・国民英学会長・磯辺弥一郎 / 200
  • 眼疾と職業の選択・医学博士・山口秀高 / 215
  • 大和魂と武士道・文学博士・星野恒 / 221
  • 理科的智識の有無と国家の盛衰・理学博士・丘浅治郎 / 227
  • 成功は努力にあり・ドクトル・尺秀三郎 / 239
  • 学生諸君に望む・文学士・塩井雨江 / 246
  • 時代の要求する婦人・法学博士・和田垣謙三 / 252
  • 田舎武士・大町桂月 / 256
  • 東洋を研究せよ・法学博士・高田早苗 / 261
  • 俳句は如何に選ぶべきか・内藤鳴雪 / 266
  • 読書力を養成せよ・早稲田大学講師・平沼淑郎 / 272

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 清言冷話 : 名家説林
著作者等 田村 奈良吉
書名ヨミ セイゲン レイワ : メイカ セツリン
出版元 東京堂
刊行年月 明41.6
ページ数 280p
大きさ 19cm
NCID BN15359560
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
41017187
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想