ニッポンの塔 : タワーの都市建築史

橋爪紳也 著

浅草十二階、大阪城天守閣、東京タワー、通天閣、太陽の塔、六本木ヒルズ森タワー、東京スカイツリー…都市のランドマークとして、大衆が集うにぎわいの中心として、歴史を刻む媒体として、復興のシンボルとして、古来、天に向けてそびえたつ存在に人々は魅了され、さまざまな想いを託してきた。物見の塔、公共の塔、電波の塔、大衆の塔、ひとがたの塔、都市の塔、塔の塔-7つの視点から、近現代日本のタワーの変遷をたどり、その意味を問い直すことで、人類文明の本質に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 大地から
  • 1塔 物見の塔-浅草十二階ほか
  • 2塔 公共の塔-大阪城天守閣ほか
  • 3塔 電波の塔-東京タワーほか
  • 4塔 大衆の塔-通天閣ほか
  • 5塔 ひとがたの塔-太陽の塔ほか
  • 6塔 都市の塔-六本木ヒルズ森タワーほか
  • 7塔 塔の塔-東京スカイツリーほか
  • あとがき 天空へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニッポンの塔 : タワーの都市建築史
著作者等 橋爪 紳也
書名ヨミ ニッポン ノ トウ : タワー ノ トシ ケンチクシ
書名別名 Nippon no to
シリーズ名 河出ブックス 043
出版元 河出書房新社
刊行年月 2012.5
ページ数 199p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-309-62443-3
NCID BB09267780
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22109989
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想