分散型エネルギー入門 : 電力の地産地消と再生可能エネルギーの活用

伊藤義康 著

再生可能エネルギーの利用で立ち遅れてきた日本だが、ようやく活用への機運が高まりつつある。本書では、水力、風力、太陽光、地熱などにくわえ、潮力、波力、海洋温度差や熱電、圧電、燃料電池など、新しいエネルギー技術の最前線を紹介。大容量集中型発電と自然エネルギーなどを組み合わせたエネルギーの分散化とベストミックスの基礎知識。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 分散型エネルギーとは何か
  • 水力発電システム
  • 風力発電システム
  • エンジン発電システム/コージェネレーション
  • 地熱発電システム
  • 太陽熱発電システム
  • 海洋エネルギー発電システム
  • 太陽光発電システム
  • 熱電発電システム
  • 圧電発電システム
  • 燃料電池システム
  • 太陽光熱利用システム
  • エネルギー貯蔵システム
  • スマートグリッドと分散型エネルギー
  • 分散型エネルギーの将来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 分散型エネルギー入門 : 電力の地産地消と再生可能エネルギーの活用
著作者等 伊藤 義康
書名ヨミ ブンサンガタ エネルギー ニュウモン : デンリョク ノ チサン チショウ ト サイセイ カノウ エネルギー ノ カツヨウ
書名別名 Bunsangata enerugi nyumon
シリーズ名 ブルーバックス B-1772
出版元 講談社
刊行年月 2012.5
ページ数 308p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257772-4
NCID BB09152428
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22108806
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想