蘇東坡詩醇  巻之4

近藤元粋 編

[目次]

  • 目次
  • 与客遊道場山何山得鳥字
  • 泛舟城南会者五人得人皆苦炎字四首
  • 与王郎昆仲及児子邁遶城観荷花登◇山亭晩入飛英寺分韻得月明星稀四首
  • 次韻章子厚飛英留題
  • 城南県尉水亭得長字
  • 趙閲道高斉
  • 次韻答孫侔
  • 予以事繋御史台獄獄吏稍見侵自度不能堪死獄中不得一別子由故作二詩授獄卒梁成以遺子由
  • 十二月二十八日蒙恩責授検校水部員外郎黄州団練副使復用前韻二首
  • 遊浄居寺
  • 梅花二首
  • 初到黄州
  • 少年時嘗過一村院見壁上有詩云夜涼疑有雨院静似無僧不知何人作也宿黄州禅智寺寺僧皆不在夜半雨作尚記此詩故作一絶
  • 定恵院寓居月夜偶出
  • 次韻前篇
  • 寓居定恵院之東雑花満山有海棠一株土人不知貴也
  • 雨晴後歩至四望亭下魚池上遂自乾明寺前東岡上帰二首
  • 武昌銅剣歌
  • 定恵院〓師為余竹下開嘯軒
  • 遷居臨皐亭
  • 暁至巴口迎子由
  • 正月二十日往岐亭郡人潘古郭三人送余於女王城東禅荘院
  • 東坡八首
  • 太守徐君猷通守孟亨之皆不飲酒以詩戯之
  • 姪安節遠来夜坐三首
  • 正月二十日与潘郭二生出郊尋春忽記去年是日同至女王城作詩乃和前韻
  • 次韻孔毅父久旱己而甚雨三首
  • 魚蛮子
  • 夜坐与邁聯句
  • 六年正月二十日復出東門仍用前韻
  • 日日出東門
  • 南堂五首節一
  • 初秋寄子由
  • 和蔡景繁海州石室
  • 東坡
  • 和秦太虚梅花
  • 海棠
  • 過江夜行武昌山上聞黄州皷角
  • 題西林壁
  • 世伝徐凝瀑布詩云一条界破青山色至為塵陋又偽作楽天詩称羨此句有賽不得之語楽天雖渉浅易然豈至是哉乃戯作一絶
  • 廬山二勝
  • 自興国往〓宿石田駅南二十五里野人舎
  • 過建昌李野夫公択故居
  • 郭祥正家酔画竹石壁上郭作詩為謝且遺二古銅剣
  • 竜尾硯歌
  • 張近幾仲有竜尾子石硯以銅剣易之
  • 張作詩送硯反剣乃和其詩卒以剣帰之
  • 次韻杭人裴維甫
  • 同王勝之游蒋山
  • 豆粥
  • 金山夢中作
  • 徐大正閑軒
  • 高郵陳直躬処土画雁二首
  • 次韻王定国南遷回見寄
  • 泗州南山監倉蕭淵東軒二首
  • 泗州除夜雪中黄師是送酥酒二首節一
  • 和王勝之三首節一
  • 漁父四首
  • 贈眼医王彦若
  • 王伯〓所蔵趙昌花四首
  • 寄呉徳仁兼簡陳季常

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 蘇東坡詩醇
著作者等 蘇 軾
近藤 元粋
書名ヨミ ソ トウバ シジュン
書名別名 So toba shijun
巻冊次 巻之4
出版元 青木嵩山堂
刊行年月 明40.1
ページ数 6冊
大きさ 15cm
全国書誌番号
41015697
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想