焦土からの再生

井上亮 著

二百以上の都市が潰滅し、九百八十万人の被災者、三十三万人の死者を出した本土空襲。瓦礫の平野に佇んだ日本人は、そこから「国のかたち」をどのように作り直したのか-。残された貴重な文献を繙き、東京、仙台、名古屋、広島などの具体例から検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 官僚たちの百年計画-戦災復興院
  • 第2章 ケヤキ並木は育った-仙台市
  • 第3章 百メートル道路の偉業-名古屋市
  • 第4章 軍都から平和都市へ-広島市
  • 第5章 首都計画のロマンと挫折-東京都
  • 第6章 「安易な妥協は悔ある傷跡を残す」-復興余聞

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 焦土からの再生
著作者等 井上 亮
書名ヨミ ショウド カラ ノ サイセイ : センサイ フッコウ ワ イカニ ナシエタカ
書名別名 戦災復興はいかに成し得たか
出版元 新潮社
刊行年月 2012.5
ページ数 333p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-332271-9
NCID BB09408496
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22107091
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想