学者にできることは何か

広渡清吾 著

大震災と原発事故は、学者に対して、学術をいまこそどのように社会のために役立てるのか、被災地域の住民のために学術は何をすべきか、という課題をつきつけた。学者一人ひとりが説明責任と倫理を確立し、学術の内実とあり方をめぐって、社会からの批判、科学者間の相互批判によって絶えず点検されなければならない。311の衝撃を受けてから半年の間、日本学術会議の部長・副会長・会長として、一人の学者が何を考え、どう行動したのか、煩悶と実践の手記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大震災の勃発・非常事態・緊急の取組み(2011年3月11日 大震災の衝撃
  • 3月18日 「非常事態」下の日本学術会議の緊急集会 ほか)
  • 第2章 復興のデザイン・放射線被害・エネルギー政策(6月10日 復興のグランド・デザイン分科会の提言
  • 6月17日 会長談話「放射線防護の対策を正しく理解するために」 ほか)
  • 第3章 会長としての仕事・比較と歴史への目・思い悩むこと(7月11日 日本学術会議第160回(臨時)総会と会長就任
  • 7月22日 衆議院科学技術・イノベーション推進特別委員会における参考人としての発言 ほか)
  • 第4章 総括とバトンタッチ-次の活動のために(9月1日 各分野からの提言・報告のラッシュ
  • 9月22日 第21期の締めくくりの幹事会 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学者にできることは何か
著作者等 広渡 清吾
書名ヨミ ガクシャ ニ デキル コト ワ ナニカ : ニホン ガクジュツ カイギ ノ トリクミ オ トオシテ
書名別名 日本学術会議のとりくみを通して
シリーズ名 叢書震災と社会
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.5
ページ数 164,2p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-028525-4
NCID BB09146899
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22122132
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想