古事記不思議な1300年史

斎藤英喜 著

誰が古事記を読んだのか。『日本書紀』との違いは?本居宣長以前は誰も知らなかった?皇国史観のもとで間違って理解されていた?-謎に包まれた、その歴史に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『古事記』成立の深層(『古事記』はなぜ作られたのか
  • 『古事記』は偽書なのか)
  • 第2章 平安時代に『古事記』はどう読まれたか(平安時代の「日本紀講」と『古事記』
  • 日本紀講の現場から「偽書説」を考える)
  • 第3章 中世の『古事記』受容の現場へ(真福寺と伊勢神宮の『古事記』
  • 卜部氏たちと「中世日本紀」)
  • 第4章 本居宣長、登場(江戸文化のなかの『古事記』
  • 本居宣長『古事記伝』の世界)
  • 第5章 『古事記』の近代・現代史(チェンバレンとラフカディオ・ハーンの『古事記』
  • 近・現代の『古事記』受容の可能性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古事記不思議な1300年史
著作者等 斎藤 英喜
書名ヨミ コジキ フシギ ナ センサンビャクネンシ
書名別名 Kojiki fushigi na sensanbyakunenshi
シリーズ名 古事記
出版元 新人物往来社
刊行年月 2012.5
ページ数 174p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-404-04186-9
NCID BB09238341
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22103322
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想