マルコ・ポーロ東方見聞録

マルコ・ポーロ 著 ; 月村辰雄, 久保田勝一 訳

成立当初の形に近いと目される中世フランス語写本fr.2810から直接翻訳。アジアの驚異に対するヨーロッパの読者の驚きが700年の時を経て、いま甦る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 プロローグ
  • 2 旅のあらまし
  • 3 小アジアからパミール高原へ
  • 4 カシュガルから北京へ
  • 5 大カーンの宮廷
  • 6 北京から雲南、ビルマへ
  • 7 北京から泉州へ
  • 8 日本とシンの海
  • 9 小インド-東南アジア
  • 10 大インド-インド大陸
  • 11 中インド-アフリカ東岸
  • 12 大トルコ-トルキスタン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マルコ・ポーロ東方見聞録
著作者等 Polo, Marco
久保田 勝一
月村 辰雄
ポーロ マルコ
書名ヨミ マルコ ポーロ トウホウ ケンブンロク
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.5
ページ数 291p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-024815-0
NCID BB09127726
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22122135
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想