埴谷雄高『死靈』論 : 夢と虹

小林孝吉 著

夢と虹を光源に、未完『死霊』全章を人類の希望の文学として読み解く。「3.11」以後、未来者にたくす精神のリレー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • カラマーゾフの兄弟と"神"-前期不可能性の文学
  • 三輪家の兄弟と"存在"-後期不可能性の文学
  • 大審問官とイエス・釈迦と大雄-『死霊』自序
  • "存在"への序曲-一章「癲狂院にて」
  • 死と悪魔をめぐる対話-二章「"死の理論"」
  • 屋根裏部屋と逸脱の歴史-三章「屋根裏部屋」
  • 尾木恆子と三輪與志-四章「霧のなかで」
  • 革命と権力の闇-五章「夢魔の世界」
  • 水鳥と虹-六章「"愁いの王"」
  • 亡霊宇宙の法廷-七章「"最後の審判"」
  • 「"精神の處女懐胎"」-八章「"月光の中で"」
  • 夢と虹-九章「"虚體"論-大宇宙の夢」
  • 出現宇宙への感謝-『死霊』の一生と「九章未定稿」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 埴谷雄高『死靈』論 : 夢と虹
著作者等 小林 孝吉
書名ヨミ ハニヤ ユタカ シレイロン : ユメ ト ニジ
書名別名 Haniya yutaka shireiron
シリーズ名 死霊
出版元 御茶の水書房
刊行年月 2012.5
ページ数 290p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-275-00965-4
NCID BB09335665
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22124462
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想