聖地と祈りの宗教社会学 : 巡礼ツーリズムが生み出す共同性

岡本亮輔 著

制度や伝統が崩れ、個人が私的にキリスト教を消費する時代に、人々はどのように他者と紐帯を結び信仰を構築するのか。ツーリズム化する聖地巡礼を通じて織り成される新しい共同性を探究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ポスト世俗化の宗教社会学(世俗化論争と現代宗教論
  • 私事化論再考-宗教的エコノミーの再編成
  • ポスト世俗化の制度宗教と伝統の位相
  • ポスト世俗化の「弱い信仰者」-後期近代化論との接続)
  • 第2部 ポスト世俗化の巡礼ツーリズム(現代西欧の聖地巡礼/ツーリズム-宗教社会学からの接近
  • 複層化する真正性-奇蹟のメダル教会の巡礼ツーリズム
  • 共同性と親密性の実験室-現代サンティアゴ巡礼の事例
  • 場所のない聖地、記憶のない共同体-ポスト世俗化の宗教空間
  • 新共同体の聖地巡礼プログラム-聖地の再構築と大会巡礼)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聖地と祈りの宗教社会学 : 巡礼ツーリズムが生み出す共同性
著作者等 岡本 亮輔
書名ヨミ セイチ ト イノリ ノ シュウキョウ シャカイガク : ジュンレイ ツーリズム ガ ウミダス キョウドウセイ
書名別名 Seichi to inori no shukyo shakaigaku
出版元 春風社
刊行年月 2012.5
ページ数 378,19p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86110-315-5
NCID BB09013090
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22106422
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想