中国原発大国への道

郭四志 著

エネルギー不足解消、経済成長の維持、温暖化対策などのため、中国は近年、原発を強力に推進してきた。2020年までに合計80基以上の原発を稼働させる計画だ。だが中国での原発運営は、地震、工事品質の問題、人材不足など、さまざまなリスクを抱えている。3.11から1年。中国はこのまま原発大国への道を歩むのか?-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「福島ショック」以後の動き
  • 第1章 原発大国への歩みと構図
  • 第2章 特殊な原発行政と原発立法の遅れ
  • 第3章 原発をめぐる国際戦略
  • 第4章 不確実性とリスク-中国原発のゆくえ
  • 終章 中国原発の世界・日本への影響

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国原発大国への道
著作者等 郭 四志
書名ヨミ チュウゴク ゲンパツ タイコク エノ ミチ
書名別名 Chugoku genpatsu taikoku eno michi
シリーズ名 岩波ブックレット No.834
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.5
ページ数 59,2p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270834-8
NCID BB09103637
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22124524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想